林真理子のBeautiful Voice なるほど! 小田急

安全・快適な運行を支える検査と整備

小田急電鉄では、1000両以上にもおよぶ車両の安全性・快適性を維持するため、計画的な検査を実施しています。

日常的な検査・整備を行う車両の健康診断

日常的な検査・整備を行う車両の健康診断

1車両につき10日以内に必ず行う「列車検査」と、3カ月以内に必ず行う「月検査」を、喜多見、海老名にある検車区で行っています。これらの検査では、ブレーキ装置やパンタグラフの点検をはじめ、各種装置の機能確認を実施しています。

バラバラに分解して行う車両の精密検査

バラバラに分解して行う車両の精密検査

4年または走行距離60万キロメートル以内にブレーキ装置やモーター、台車などを分解・点検する「重要部検査」を、さらには、8年以内にほぼ全ての部品をバラバラに分解し隅々まで点検する「全般検査」を相模大野にある大野総合車両所で行っています。

常に万全な状態で運行

常に万全な状態で
運行

小田急電鉄では、日常的な検査や定期的な大規模検査を整備士の確かな技術力と最新の機器によって行うことで、常に安全で快適な輸送サービスを提供しています。