林真理子のBeautiful Voice なるほど! 小田急

さまざまな災害対策を行っています

9月1日は「防災の日」。地震や台風など、自然はいつ猛威を振るうか分かりません。小田急電鉄ではこうした自然災害への対策を進めています。

さまざまな災害対策を行っています

専用システムの導入など、
大規模地震に備えています

大規模地震が発生した際、運転士に列車を停止させる「早期地震警報システム」を導入しています。このシステムは、気象庁から配信される「緊急地震速報」を利用し、小田急線への地震被害が予測される場合、全列車に緊急停止の指示を与えるもの。また、高架橋や橋梁などの地震被害を最小限に抑えるため、耐震補強工事を順次進めています。

大雨や強風への対策を講じています

大雨や強風への
対策を講じています

全線各地に各種計測機器を設置し、地震をはじめ、雨量、風速、河川水位などのさまざまな観測値を24時間体制でリアルタイムに収集する「地震・気象情報監視システム」を導入しています。各観測値が規制値に達した際は、運転規制などの対応を速やかに行います。

「小田急沿線 震災時一時避難・帰宅支援マップ」を無料配布しています

「小田急沿線 震災時一時避難・帰宅支援マップ」を無料配布しています

小田急線の各駅では、「小田急沿線 震災時一時避難・帰宅支援マップ」を無料配布しています。このマップは、小田急線をはじめ東京メトロ千代田線と箱根登山線に沿った帰宅支援ルートや一時滞在施設、公衆トイレといった防災情報を地図に掲載したものです。この冊子を参考に、ご家族や周りの人たちと、いざというときの行動について話し合い、ご理解を深めていただきたいと考えています。

今後も小田急電鉄では、自然災害対策に向けたさまざまな取り組みを推進してまいります。