林真理子のBeautiful Voice なるほど! 小田急

ホームや車内で「危険!」「大変!」と思ったらこのボタンを

小田急電鉄では、もしもの時に、駅係員や運転士、車掌に危険を知らせるボタンを、駅のホームや車内に設置しています。

自動的に非常ブレーキが作動し列車が停止します。

「線路上に人が転落している!」

小田急線の全ての駅ホームには、接近してくる列車に非常事態を知らせる「非常停止ボタン」が設置されています。このボタンを押すと接近してくる列車に緊急信号が伝送され、自動的に非常ブレーキが作動し列車が停止します。

※列車が接近し過ぎている場合は止まり切れない場合があります。

「駅係員よびだしインターホン」を全駅に設置しています。

「駅係員にすぐに
伝えなければ!」

「ホームでケガをしている人がいる」「トラブルが発生している」。このような場合に駅事務室にいる係員と通話ができる「駅係員よびだしインターホン」を全駅に設置しています。

車内で緊急事態が発生した際、乗務員に知らせる「非常通報装置」を全車両の連結部付近や車いすスペース付近に設置しています。

「乗務員に緊急事態を
伝えないと!」

車内で緊急事態が発生した際、乗務員に知らせる「非常通報装置」を全車両の連結部付近や車いすスペース付近に設置しています。さらに、乗務員と直接通話をすることができる「対話式非常通報装置」を、一部の車両を除き設置しています。

小田急電鉄では、皆さまに一層安心してご利用いただけるよう今後も努めてまいります。