林真理子のBeautiful Voice なるほど! 小田急

真夏の安全対策を行っています

暑さが続く夏。熱により鉄道の設備に異常が起きないよう、さまざまな安全対策を行っています。

「伸縮継目」がレールの伸びにも対応

「伸縮継目」がレールの伸びにも対応

レールは温度の変化により伸び縮みする特性があるため、夏の暑さによって線路が曲がってしまう場合があります。このレールの伸び縮みを吸収するために、「伸縮継目」という斜めの形状をした継目を敷設し、線路が曲がらないように対応しています。

レール温度によって係員の巡視を実施

レール温度によって係員の巡視を実施

夏場のレールの温度は高温になりがちです。そこでレール温度が45℃以上になると、線路を点検・整備する保線係員が列車の乗務員室から線路の状態を確認する「高温巡視」を実施。さらにレール温度が50℃を越えると同巡視の頻度を増やして線路を点検しています。

暑さによる異常動作を未然に防止

列車運行の安全を守る信号機などを制御する信号機械室や、電力を安定的に供給する変電所には、冷房装置を設置することで一定の温度を保ち暑さによる異常動作などが起こらないよう、管理しています。

今後も小田急では、安全な鉄道を目指しさまざまな対策を講じてまいります。