林真理子のBeautiful Voice なるほど! 小田急

「厳寒期」の対策を行っています

2月は最も寒さが厳しい時期です。雪や凍結で列車の運行に支障をきたさないよう、小田急電鉄では、さまざまな対策を行っています。

「厳寒期」の対策を行っています

ポイント部分での対策

積雪や凍結によって列車の進路を振り分けるポイント(分岐器)が正常に動かなくなってしまう恐れがあります。そこで電気ヒーターで温めることで雪を溶かし、凍結を防止する「電気融雪器」を設置しています。

パンタグラフによる対策

パンタグラフによる対策

雪の重みでパンタグラフが下がり架線と離れてしまうのを防ぐため、従来のひし形パンタグラフに比べ構成部材が少なく着雪面積の小さい「シングルアームパンタグラフ」を全ての車両に導入しています。

架線に対する対策

架線への着氷によってパンタグラフの故障や架線の切断などを防ぐため、係員による一部架線への塗油を定期的に実施しているほか、着氷の恐れがある場合は、最終列車と始発列車の間に試運転列車を運行させるなどの対策を行っています。

お客さまへのお願い

降雪の状況により、安全のため列車の速度を落としたり、運休により運転間隔を調整することで、通常よりも所要時間や車内混雑が増大する場合があります。小田急ではホームページ やTwitter(@odakyuline_info )などで運行情報を発信していますので、ご確認のうえお出掛けの時間をずらしたり、できる限り外出を控えたりするなど、ご協力いただきますようお願いいたします。