林真理子のBeautiful Voice なるほど! 小田急

「ATS(自動列車停止装置)」で事故を未然に防いでいます

小田急電鉄では、衝突や脱線などの重大事故を未然に防ぐため、自動列車停止装置を設置しています。今回は小田急が導入しているD-ATS-P(自動列車停止装置)をご紹介します。

※D-ATS-P(Digital Automatic Train Stop Patternの略)

「ATS(自動列車停止装置)」で事故を未然に防いでいます

列車同士の衝突を回避

D-ATS-Pは、運転士が信号機の表示に応じた制限速度を超えて列車を運転した場合、自動的にブレーキを作動させて減速または停止し、列車同士の衝突を防ぎます。また、従来のATSに比べ細かな速度制限や信号表示に合わせた迅速な速度アップもできるため、運転効率も向上しています。

カーブやポイントで速度制限

カーブやポイントで速度制限

D-ATS-Pのもう一つの特徴は、カーブやポイントでの速度制限ができることです。車両に搭載したコンピューターが前方にあるカーブやポイントへ制限速度を超えて進入すると判断した際には、列車を自動的に減速させ、速度超過による脱線を防ぎます。

ドアに対する安全にも対応

さらにD-ATS-Pは、乗務員がホームの所定の位置ではない場所や、駅間、ホームのない側で誤って車両の扉を開く操作をしても作動しないようにする安全機能も備えています。

小田急電鉄では、今後も安心で快適にご利用いただけるよう、さまざまな安全対策を行っていきます。