林真理子のBeautiful Voice なるほど! 小田急

台風への備えを行っています

8月になると台風の発生数が増加し、雨や風による自然災害の発生が危惧されます。こうした中、小田急電鉄では、雨や風による災害を未然に防止するため、さまざまな対策を講じています。

台風への備えを行っています

気象情報監視システムを活用

豪雨や強風などに備え、沿線の各所には雨量計や風速計、河川水位計などを設置し、それらの計測情報は列車の運行を管理している運輸司令所にリアルタイムに表示されます。計測値が規定値を超えた際には、徐行運転や列車抑止(運転見合わせ)の指令を速やかに出し、列車の安全を確保しています。

法面(のりめん)改修による災害防止

法面(のりめん)改修による災害防止

豪雨や地震などによる法面の土砂崩壊を防ぐため、法面の改修工事を行っています。また、万が一、法面が崩壊した際、接近する列車などにその情報を伝える「土砂崩壊検知システム」を導入しています。

皆さまへ

豪雨や強風により、列車の運行に乱れが生じる場合があります。特に橋梁上の風速計が規定値を超えると、列車運行の安全を確保するため、運転見合わせとなる場合がありますので、ご理解いただけますようお願いいたします。

今後も小田急電鉄では、安全運行の確保に向け、自然災害に備えた対策を講じてまいります。