世田谷区の樹、「欅」をイメージした上品な和菓子を手土産に

欅(けやき) 1棹 1,080円

枝を扇のように広げた樹形が雄大なケヤキ。その名の由来は「けやけき木」といわれ、目立つ、際立つ木という意味だとか。強さと美しさを併せ持ち、家具や生活用品だけでなく、寺社や城の建築にも重宝されてきました。日本人の心に深く根ざした木で、ケヤキをシンボルにする自治体は多く、小田急沿線だけでも、新宿区、渋谷区、世田谷区、町田市、相模原市のシンボルツリーになっています。そんなケヤキをイメージして作られたのが、亀屋の「欅」。樹皮の色や雰囲気を表現するため、粒餡を蒸してソボロにし、平らにならした押し餡に。さらに節の模様を白餡で配し、大粒の北海道産小豆入り羊羹がロールケーキのように巻かれています。ホロホロした食感と、口の中に広がる優しい甘さ。お茶席にも使われる上品な和菓子です。ケヤキの街路樹が美しく紅葉する季節。心も秋色に染める贈りものです

詳細情報

欅(けやき)

亀屋

住所 世田谷区宮坂3-12-2
営業時間 10:00~19:00(日・祝日は~18:00)水休
電話 03-3429-0208
アクセス 経堂駅から徒歩1分