「ATS(自動列車停止装置)」で事故を回避しています|コラム‐なるほど!小田急|小田急沿線情報 ODAKYU VOICE home
林真理子のBeautiful Voice なるほど! 小田急

「ATS(自動列車停止装置)」で事故を回避しています

小田急電鉄では、列車同士の衝突や脱線などの重大事故を防ぐため、D-ATS-P(自動列車停止装置)を全線に設置しています。今回は小田急が導入しているD-ATS-Pについてご紹介します。
※D-ATS-P (Digital Automatic Train Stop Patternの略)

列車同士の衝突事故を回避

D-ATS-Pとは、信号機が表示している制限速度を超えて列車が運転していた場合に、自動的にブレーキをかけ、減速または停止させることで、列車同士の衝突を防ぐ安全装置です。

カーブやポイントで速度制限

列車が走行している際、“このままの速度では制限速度を超えてカーブまたはポイントに進入してしまう”と車両に搭載したコンピュータが判断すると、自動的に減速または停止させ、速度超過による進入を防ぎます。

運転効率の向上にも寄与

また、D-ATS-Pは、前方の信号機が速度アップできる表示に変わると、即座にスピードを上げることができるため、運転効率の向上にも効果を発揮することができます。