林真理子のBeautiful Voice なるほど! 小田急

暑い夏も快適な車内環境づくりに努めています

梅雨から暑い夏を迎える7月、快適にご乗車いただけるよう、小田急電鉄が取り組む車内環境づくりをご紹介します。

快適な車内の空調管理

近年導入している車両は、車内全体をまんべんなく冷風が行き渡り、除湿機能も備えた空調装置を導入しています。特に通勤車両1000形のリニューアル車は、従来の空調装置よりも容量を大きくし、除湿機能も新たに加えるなど、快適な車内環境を提供しています。

UVカットガラスと熱吸収ガラスを導入

近年導入を進めてきた3000形通勤車両には、UVカットガラスを採用しています。また、最新の通勤車両4000形や1000形リニューアル車には、UVカット機能に加え、太陽光の熱を吸収する機能も備えたガラスを採用するなど、車内の温度上昇を抑える工夫がなされています。

抗菌コートされたつり革を導入

現在、通勤車両(※)のつり革は、プラスチックの握り手部分に抗菌剤が練り込んである抗菌仕様のものを採用するなど、衛生かつ快適にご利用いただける車内環境を提供しています。
※一部の車両は除く。

今後も小田急電鉄では、快適な車内環境づくりに取り組んでまいります。