小田急線の安全を支える車両点検3つのポイント|コラム‐なるほど!小田急|小田急沿線情報 ODAKYU VOICE home
林真理子のBeautiful Voice なるほど! 小田急

小田急線の安全を支える車両点検3つのポイント

安全を支える
車両の保守点検

小田急電鉄は、保有している1000両以上の車両を計画的に点検しています。

日常的な検査

喜多見と海老名にある検車区で、10日以内に1回、主要機器の検査を行う「列車検査」を全車両で行っています。また、3カ月以内に1回、主に各種機器の動作確認を行う「月検査」を行っています。

バラバラに分解

相模大野にある総合車両所で、ブレーキ、モーター、台車などの主要機器を分解・点検する「重要部検査」を、4年または走行距離60万キロメートル以内の車両にて行っています。さらに8年以内に、ほぼ全ての部品をバラバラに分解して点検する「全般検査」も行っています。

計画的な検査

このように、小田急電鉄では、日常的な検査や、隅々までバラバラにする大規模な検査を、最新の機器はもちろん、整備士の技術によって計画的に行って安全な鉄道を支えています。

小田急電鉄は、万全な検査と整備で、安全で快適な運行に努めます。