小田急が進めるホームからの転落防止策|コラム‐なるほど!小田急|小田急沿線情報 ODAKYU VOICE home
林真理子のBeautiful Voice なるほど! 小田急

小田急が進めるホームからの転落防止策

ホームからの転落防止策を進めています

小田急電鉄では、ホーム上における安全を確保するために、さまざまな取り組みを行っています。

ホームドアの設置

お客さまの線路転落や列車への接触などを防止するため、ホームドアの設置を進めています。現在ではすでに、新宿駅の4・5番ホーム、代々木八幡駅、東北沢駅、下北沢駅の地下1階ホーム、世田谷代田駅、梅ヶ丘駅に設置。今後は代々木上原駅、下北沢駅の地下2階ホームへの設置を進めてまいります。

CPラインの導入

お客さまにホームの端であることを視覚的、心理的に注意喚起し、線路への転落や列車への接触防止を図るためにオレンジ色に塗装した「CPライン」を一部の駅に導入しています。
※ Color Psychology

ホーム注意喚起システム

お客さまと列車との接触事故を防止するため、列車が接近または発車する際、点字ブロック(黄色い線)より線路側にいるお客さまをセンサーが検知すると、注意喚起の放送を自動的に行うシステムを一部の駅に設置しています。

小田急電鉄では、今後もホームドアの設置をはじめ、ホームからの転落防止策に取り組んでまいります。