読売日本交響楽団の楽曲が流れる黒川駅に注目

小田急電鉄では、黒川駅で公益財団法人読売日本交響楽団の演奏(録音)を構内のBGMと列車接近メロディに使用しています。今年4月に、同駅前に新たに読売日本交響楽団の活動拠点となる練習所が開設されたことから、お客さまにより快適に駅をご利用いただくことを目的に、読売日本交響楽団演奏による楽曲を駅に導入することとしました。小田急電鉄と読売日本交響楽団は、今回の取り組みを契機に、黒川駅からクラシック音楽の魅力を発信し、川崎市麻生区が推進する芸術のまちづくりに寄与していきたいと考えています。