古市憲寿が「百の夜は跳ねて」発行記念の講演会を開催|インフォメーション|小田急沿線情報 ODAKYU VOICE home

古市憲寿が「百の夜は跳ねて」発行記念の講演会を開催

『百の夜は跳ねて』発行記念
古市憲寿講演会「私たちが描く!未来の生き方」

【講師プロフィール】
1985年東京都生まれ。社会学者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。若者の生態を的確に描出し、内閣官房「クールジャパン推進委員」メンバーなどを務める。日本学術振興会「育志賞」受賞。他の著書に『だから日本はズレている』、『保育園義務教育化』などがある。2018年には初の小説単行本『平成くん、さようなら』を刊行。

■日時:11月3日(日・祝)13:30~15:00
■場所:小田急ホテルセンチュリー 相模大野
■講師:社会学者・作家 古市憲寿
■定員: 500名
■参加費:OPクレジット会員5,000円(特別価格)
それ以外のお客さま5,500円
※『百の夜は跳ねて』サイン本付き

お申し込み方法
■オンライン申込:「小田急まなたび」ウェブサイト
■電話(OPクレジット会員のみ):0570-550-698「ダイヤル1」イベントコード 191101 を入力してください。

詳しくはこちら