移動が便利になるMaaSアプリのダウンロードが開始|インフォメーション|小田急沿線情報 ODAKYU VOICE home

移動が便利になるMaaSアプリのダウンロードが開始

小田急電鉄が開発したMaaSアプリ「EMot(エモット)」のダウンロードがスタートしました。「EMot(エモット)」とは、①鉄道・バス・タクシー・シェアサイクルなどを組み合わせた経路検索やモビリティの予約・決済、定期券情報や購入した電子チケットが考慮された経路検索、②フリーパスをはじめとした電子チケットの購入ができるアプリです。新百合ヶ丘・新宿エリアでは、これらの機能を使った「郊外型MaaS」、「MaaS×生活サービス」の実証実験を行っています。アプリをダウンロードしていただければ、どなたでも参加可能です。

(1)「郊外型MaaS」:新百合ヶ丘エリア
◎~2020年3月10日(火)予定
◎概要:「新百合ヶ丘エルミロード」にて2,500円以上(税込)お買い上げの方に、新百合ヶ丘駅を発着する小田急バスの往復無料チケットをプレゼント。

(2)「MaaS×生活サービス」:新宿・新百合ヶ丘エリア
◎~2020年3月29日(日)予定
◎概要:新宿・新百合ヶ丘駅構内の「おだむすび」「箱根そば」「HOKUO」のいずれかの店舗で1日1回利用できる定額制チケット(ご購入日から30日間有効の10日券、30日券)の販売。
※連携する遠州鉄道株式会社が発行する企画乗車券もアプリ内で販売開始しています。
※箱根エリアにおける「観光型MaaS」は、台風19号の影響による箱根の交通機関の状況を踏まえ実験開始時期を延期しています。
アプリの機能や詳しい利用条件については https://www.emot.jp をご覧ください。