観光地で利用できる「EMot」を活用した電子チケット|インフォメーション|小田急沿線情報 ODAKYU VOICE home

観光地で利用できる「EMot」を活用した電子チケット

「EMot」を活用した電子チケットの販売を
湘南エリア、伊豆エリアでスタートしました

観光地の活性化を推進し、現地での快適かつ楽しい時間をお過ごしいただくために、MaaSアプリ「EMot」を活用し、観光地でご利用いただける電子チケットの販売のほか、旅に役立つ新機能を提供します。いずれも「EMot」ホーム画面の「買う」タブからお求めいただけます。

【湘南(江の島・鎌倉)エリア】
「江ノ電1日乗車券『のりおりくん』デジタル版」を発売。スマホ画面を駅係員または乗務員に提示いただくことで、非接触で江ノ電にご乗降いただけます。さらに、SNS上で話題の「観る・遊ぶ・味わう」などにジャンル分けされた写真から気になるものを選択すると、そのスポットを含む最適なお出かけプランをご提案する新機能「周遊プランニング」もスタートしました。

【伊豆エリア】
「伊東観光フリーパス」「みしまるきっぷ」「湯~遊~バス フリーきっぷ」「湯~遊~バス フリーきっぷワイド」の電子チケット4種を発売。バスの運転士へスマホ画面を提示いただくことでご利用いただけます。中でもデジタル券「伊東観光フリーパス」は有効期限が通常の紙券より1日長いため(2日間有効)、よりお得に観光をお楽しみいただけます。さらに、東海バスの路線バス運行情報をリアルタイムで見ることができるようになりました。

詳しくは小田急電鉄ホームページ内のニュースリリース(3月29日発行)をご覧ください。

URL:https://www.odakyu.jp/company/about/news/

※イベントや店舗の営業時間などは、新型コロナウイルスの影響や悪天候、その他諸事情により変更または中止となる場合があります