開発エリア「下北線路街」に都心型ホテルがオープン|インフォメーション|小田急沿線情報 ODAKYU VOICE home

開発エリア「下北線路街」に都心型ホテルがオープン

「下北線路街」では9月16日、下北沢駅から徒歩6分の都心型ホテル「MUSTARD(マスタード) HOTEL SHIMOKITAZAWA」を開業しました。事前にチェックイン手続きができるサービスを完備し、客室はダブルルームを中心に、4タイプで全60室。全客室にレコードプレイヤーを完備しており、レコードのお持ち込みも、ホテルにて無料レンタルすることも可能です。また、8:00から20:00までの最大12時間を30分500円からご利用可能で、テレワークやミーティングなどにもお使いいただけます。なお、9月10日には隣接する敷地に、シモキタカルチャーを加速させるエンタメカフェ「ADRIFT(アドリフト)」もオープンしました。詳しくは小田急電鉄のホームページ内のニュースリリース(8月27日発行)をご覧ください。

URL:https://www.odakyu.jp/company/about/news/

※イベントや店舗の営業時間などは、新型コロナウイルスの影響や悪天候、その他諸事情により変更または中止となる場合があります