小田急電鉄の広報誌「ODAKYU VOICE(オダキュウボイス)」は毎月1日発行。暮らしやお出かけに役立つ沿線情報を掲載し、冊子を小田急線の各駅で配布するとともに、WEBでもその情報をお届けしています。

特集

2014年6月1日現在の情報です。最新の情報をご確認ください。

ワクワクさせてくれる

おしゃれなパン屋さん

お店に行くだけで、
うれしくなってくる。

最近のパン屋さんは、まるでヨーロッパのカフェのよう。お店そのものがとてもおしゃれです。味にこだわるだけでなく、見た目もかわいいパンがズラリと並び、香ばしい匂いが鼻をくすぐります。そこは、行くだけでワクワクした気分になれる魅惑的な場所。知っているとうれしくて、つい誰かに教えたくなってきます。そんなステキなパン屋さんが、小田急沿線に増えています。お散歩気分でパン屋さんを巡るのが、近ごろ私のマイブーム。今日は、昨年の12月に代々木八幡にオープンした「365日」へ。和モダンの扉を開けると、ため息がでるほど美しいパンがショーケースいっぱいに並んでいました。

小さなサプライズがある
「365日」のパン。

こぶりでシンプルで美しいパン。そこには、パン職人で、料理人で、パティシエでもあるオーナーの杉窪章匡さんの思いが詰まっています。ザクザクした歯ごたえがたまらない三角形のクロワッサン。ふわっとやさしい食感のブリオッシュ。どのパンも食べると小さな驚きがあり、風味はもちろん形や食感まで五感で楽しめます。

カレーぱん 240円

こだわりいっぱいの
おそうざいパン。

添加物は一切使わず、国産小麦のみを使い、ドライフルーツも無農薬で天日干しのものを。そんな「365日」では、パンに巻き込むハムやベーコン、カレーぱんの挽肉まで、豚を一頭単位で仕入れて手作りしたものを使います。クロワッサン生地にハムやチーズを挟んで焼き上げるジャンボンフロマージュ。生地にサツマイモを練り込んで、カリッと焼いたカレーぱん。安心へのこだわりが生んだおいしさです。

クロッカンショコラ 250円

ぜったい食べたい
スイーツパン。

スイーツ系のパンもはずせません。中でも一番のお気に入りは、小さな丸いチョコレートとガナッシュクリームがサンドされたクロッカンショコラ。チョコレートの不思議な食感にはまってしまいました。また杉窪さんは無類のあんこ好き。自家製あんのあんぱんもおすすめです。

コーヒー 450円

焼き立てのパンを
コーヒーと一緒に。

ちょうど焼き立てのパンがあったので、お店で食べてみることに。イートインコーナーに座って、厨房で働く職人さんたちを眺めていると時間を忘れます。店内メニューには、チーズの盛り合わせやワインもあるので、今度試してみたいです。他にも杉窪さんセレクトの紅茶やコーヒー、お米、野菜、食器などを販売するコーナーも。何度来ても飽きずに、また来たくなる。「365日」は、毎日に小さな幸せを運んでくれるパン屋さんでした。

詳細情報

365日

一日一日の食の積み重ねが、人の心と体をつくり、毎日を充実させる。「365日」という店名には、そんな思いが込められているそうです。この店のキーワードは「和」。商品名もパンではなく、「ぱん」と書かれています。

住所 渋谷区富ヶ谷1-6-12
電話 03-6804-7357
営業時間 9:00~19:00 水休
アクセス 代々木八幡駅から徒歩3分
URL www.365jours.jp (別ウィンドウで表示)